技術開発

現場の想いをその先へ伝える技術力

マルチ除雪、中央破線・路肩側線路面表示の同時施工など、メンテナンス作業の中から生まれた新たな技術を、さらなる作業の効率化や安全性向上などに役立てています。また、より進化・発展し続ける企業であるために、各種技術開発に取り組んでいます。

マルチ除雪の実施

札幌市内などの交通量が多い高速道路をメインに、通常は除雪車4台で行う除雪作業を9台編成で行っていきます。最後尾の除雪車が単独でインターチェンジ出口と、その先の入り口を除雪し、従来比3倍の速さで除雪作業を完了し、北海道の交通遅延を防止しています。

gyo7-im-1-2

安心して走行していただくための対策

凍結防止剤
最適自動散布システムの開発

各所に設置されたセンサーやカメラなどによって、降雪や路面状況などを24時間365日監視しています。各所から寄せられたデータと交通量などを総合に判断し、凍結防止剤を最適なタイミングで自動散布するシステムを独自に開発しました。

凍結防止剤最適自動散布システムの開発

中央破線・路肩外側線路面標示の
同時施工

作業による交通規制などを最小限にとどめるため、中央破線と路肩の外側線表示を同時に施工する技術の開発を実現しました。これにより、2回に分けて行われていた作業を1度で行うことができ、作業効率が格段に向上しました。

中央破線・路肩外側線路面標示の同時施工

MPROシリーズの開発

高速道路メンテナンスで培った”豊富な経験”と”ノウハウ”を活かして、技術開発した商品こそが「MPROシリーズ」です。従来の製品やサービスで課題となっている部分を改善し、よりローコストで利便性の高い仕様の製品をご提供しています。

MPROシリーズの開発

業務内容のご紹介